CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 感想 ネタバレなどを各回ごとに書いています。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第1話 感想ネタバレ

スポンサーリンク

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第1話 感想ネタバレ

f:id:max2111:20170503225744j:plain

 


出典 http://www.ktv.jp/crisis/index.html

公安機動捜査隊特捜班という、あまり聞き慣れない設定ですが、
どうなんでしょうか。興味を持たされますね。

 

あらすじ

正体不明のテロリストが国家に牙をむく!

ターゲットは、親の権力に守られ、
罪を免れてきた政治家の息子!

公安機動捜査隊特捜班が、
次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かう!

元自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)と、
元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する
公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・
鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。

常識では計れない事件に脅かされる現代で、
各分野のスペシャリスト5人が集結し、
国家に危機をもたらす政治的事件やテロを
秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、
首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、
辺りは騒然となる。

現職の外務大臣の息子である圭介は、
これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、
親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。

犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、
夜のニュース番組での公開謝罪を要求。

さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した
稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。

親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、
班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、
稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。

そこで、ある驚きの事実を知ることに。

さらに稲見は犯行現場に関して
“ある疑問”を抱いて――。