CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 感想 ネタバレなどを各回ごとに書いています。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第5話 感想ネタバレ

スポンサーリンク

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第5話 感想ネタバレ

f:id:max2111:20170503231152j:plain

 


出典 http://www.ktv.jp/crisis/index.html


あらすじ 5月9日

暴行罪を装って警察の留置場に潜入した稲見(小栗 旬)は、
暴力団員の沢田(杉本哲太)に接近し、
興味を引くことに成功する。

実は、沢田が所属する仁愛工業は、
政治献金のからくりを巧みに利用して

政治家たちを恐喝している疑いがあり、
今回、その証拠集めを命じられた特捜班。

稲見は、初めてとなる潜入捜査を任されていた。

しかし、沢田に気に入られ、
仁愛工業の幹部らとも顔を合わせた稲見は、
彼らがそんな狡猾な連中とはどうしても思えない。

さらに、次第に人を騙すことに
罪悪感を抱くようになってしまう稲見。

田丸(西島秀俊)は、そんな稲見に
かつて自分が潜入捜査をした時の経験を話して聞かせる。

その頃、鍛治(長塚京三)は官房長官の
神谷(石黒賢)に呼び出され、
今回の特捜班の任務について、ある指示を受けていた――。

晴れて仁愛工業の一員として認められた稲見は、
沢田から薬物の取引があると教えられる。

会長の護衛として稲見も同行することになるが、
取引の報告を受けた警察上層部は、チャンスにも関わらず、
なぜか直前で摘発を見送るという。

危険な取引に身を置く稲見を案じて、
吉永(田中哲司)、田丸、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)ら
特捜班のメンバーは、稲見を追尾して取引現場へと向かうが…。